青汁に含まれる葉酸でアルツハイマーの予防をしよう

MENU

アルツハイマーを予防できる葉酸

日本は、すでに超高齢化社会に突入しています。

 

今後は、寿命が延びる一方で、少子化の影響で、若い世代が減り、社会保障費の増大が心配されています。

 

その中で、増加が懸念されている病気に、認知症・アルツハイマー病があります。

 

アルツハイマーとは、脳機能の低下で起きる、痴呆の症状です、もの忘れに始まり、除々に日常生活が送れなくなります。

 

そうして、最期には運動機能も急速に低下して、心臓も停止して死亡するという恐ろしい病気です。

 

アルツハイマーになってしまう原因は、遺伝や生活習慣や、複数の要因が考えられ、明確ではありません。

 

しかし、臨床実験によって、アルツハイマーは、ホモシステインというアミノ酸の量が増加して発症する事が分かっています。

 

つまり、このホモシステインというアミノ酸の増加を抑制できれば、アルツハイマーを予防できるという事ですね。

 

このホモシステインの抑制に効果があると言われるのは葉酸と言われています。

 

青汁の素晴らしい研究結果

 

この葉酸は、青汁に含まれる栄養素であり、日頃から青汁を摂取している人は、青汁を摂取していない人に比べ、アルツハイマー発症のリスクが半分になったという研究結果もあるのです。

 

この葉酸は、熱で、栄養素が失われやすく、吸収もし辛い栄養素のため、熱を加えない青汁で摂取するのが一番効果的なのです。

 

また、アルツハイマーの原因としては、高血圧や、高脂血症、心疾患等が挙げられています。

 

それらの病気にも、青汁の栄養素は効果的なのです。

 

最近の研究では、若年層にもアルツハイマーは増加傾向にあるとの事です。

 

食の欧米化による肉中心の食生活が、高血圧や高脂血症を引き起こし、それがアルツハイマーの増加にも関連しているかも知れません。

 

もちろん、青汁を飲む事で、アルツハイマーが治療できるわけではありません。

 

しかし、食生活の改善によって、アルツハイマーの原因になる高血圧や、高脂血症、心疾患が予防できるのです。

 

これは、充分にアルツハイマーのリスクを低下させられると言えるのではないでしょうか?